Yahoo! MOBILE INSIGHTをご存知でしょうか?
ヤフー株式会社が提供するスマートフォンアプリ用マーケティングツールです。
アプリ広告の効果測定やアクセス解析に広く用いられています。

この度Monacaと連携したことで、Monacaアプリへの導入が簡単になりました。そこで今回はサインアップ画面を持つアプリを想定して、ユーザーがサインアップするとその情報がYahoo! MOBILE INSIGHTに飛ばされる、といった仕組みを作ってみたいと思います。

ではさっそくはじめていきます!

前準備 

Yahoo! MOBILE INSIGHTの設定

アカウント登録

画像1

まず、こちらのサイトからYahoo! MOBILE INSIGHTの無料トライアルの登録を行います。登録にはYahoo!JAPAN IDが必要です。

画像2
 
登録が済むと以下のダッシュボードが見れるようになります。

画像3

Yahoo! MOBILE INSIGHTへの新規アプリ追加

Yahoo! MOBILE INSIGHTのツールで「アプリ一覧」タブをクリックします。そして新規アプリ追加ボタンから必要な情報を記入します。

画像4

今回はiOSで試しているためバンドルIDはAppleに登録しているものを使用します。Androidの場合も適宜設定が必要です。
ストアのURLは適当でも大丈夫です。URLスキームの部分には任意の文字列を記入しますが、のちほどMonaca側での設定でも使用するので控えておきましょう。

入力が終わったら「新規作成する」をクリックしてください。

これで無事準備が整いました。実装に入りましょう。

今回つくるもの

画像5

簡単なサインアップ画面を想定しています。このページからサインアップすると性別や年齢などの情報がYahoo! MOBILE INSIGHTへ送信されます。

先に完成品のソースコードを確認したい方はこちらからどうぞ。

実装

新規プロジェクトを「Onsen UI V2 JS Minimum」テンプレートを使って作成していきます。

プラグインのインストール

まずはjQueryとYahoo! MOBILE INSIGHTのプラグインのインストールを行います。

「設定」 > 「JS/CSSコンポーネントの追加と削除」に進み、jQueryのインストールをします。
さらに「設定」->「Cordovaプラグイン管理」に遷移してください。
「利用可能なプラグイン」に「Yahoo! MOBILE INSIGHT」があるので有効にしてください。

有効化後、Yahoo! MOBILE INSIGHTプラグインの「設定」からインストールパラメータを設定してください。
このパラメータはYahoo! MOBILE INSIGHTへの新規アプリ追加を行った際にURLスキームの欄に入力した文字列になります。

画像7

画面作成

それでは画面を作成していきましょう。
まずは index.htmlのbodyタグ内に以下のコードを記述します。
今回作っている画面はOnsenUI サンプルパターンのSignUp画面を元にアレンジしています。

するとこのような画面になります。
画像8

CSSの作成

画面の構成ができたのでCSSを適用してデザインを整えましょう!

css/style.cssに以下のコードを記述します。

画像9

これで画面が完成しました。
プレビューボタンから確認してみましょう。

データ送信スクリプト作成

いよいよYahoo! MOBILE INSIGHTにデータを飛ばす部分を作成していきます。

scriptタグの中に以下のコードを記述することでMonacaで作成したアプリからYahoo! MOBILE INSIGHTへセッションデータが送信されます。

AppIDとAppSecretはYahoo! MOBILE INSIGHT ダッシュボードのアプリ一覧画面で確認できます。

引き続きSign upボタン押下時に入力データを送信できるよう ons.ready の中にコードを追加します。

これでSign Upボタンを押すと入力データがYahoo! MOBILE INSIGHTへ送信されます。
簡単ですね。

データを送ってみよう

アプリをビルドして、実際にデータを送ってみましょう。
プラグインを使っていますので、ストア版のMonacaデバッガーでは確認できません。カスタムビルドデバッガーを利用してください。
ちなみにYahoo! MOBILE INSIGHTはMonacaで標準提供されているので、Monacaの無料ユーザでも利用できます。

Yahoo! MOBILE INSIGHTで確認

ダッシュボードのアプリ一覧から今回登録したアプリを選択しましょう。
データが反映されていればセッション数の値などをダッシュボードで確認することができます。
※データ送信から反映まで4時間〜1日程度必要です。

画像09

また、左メニューの「アナリティクス」→「基本KPI」から日付のレンジを指定してデータを確認することもできます。

画像10

「ユーザー分布」のメニューから年齢や性別についても確認することができます。

画像11

画像12

今回はユーザー情報の送信と共にYahoo! MOBILE INSIGHTに用意されているサインアップイベントに登録をしたので、「アナリティクス」→「イベント一覧」→「サインアップ」に進むとサインアップのイベント数も取ることができます。

画像13

いかがでしたでしょうか?
簡単なコードを追加するだけでアクセス解析を行えるようになりました。他にも様々なデータを解析できるのでぜひお試しください。

今回のサンプルコードはこちらからご覧になれます。
公式のドキュメントはこちらの Yahoo! MOBILE INSIGHT「Cordova向け SDK導入手順書」を参考にしてください。