Reproのアプリ解析・マーケティングツールとは

Reproのアプリ・解析マーケティングツールは、「ユーザーの獲得」「アプリの課題の発見」「定着率・課金率の改善」といったアプリのマーケティングを行うためのツールです。世界46カ国、4,500以上のアプリに導入(2018年2月現在)されています。
多彩な分析機能を用いてアプリの課題を発見し、プッシュ通知やアプリ内マーケティング機能によって問題箇所の改善を行うことができます。また、ユーザーがアプリを利用している際の画面を録画して実際のユーザーの行動を分析できる機能や、ユーザーの行動をもとに広告を配信する機能なども搭載されています。

主な使い方

ユーザーの獲得

Reproでは、分析画面からユーザー(IDFA、AAID)を抽出して、Facebook広告やGoogle Adwords、DSPなどのターゲティング条件として転用することが可能です。

アプリの課題の発見

Reproでは、「アクセス分析」「KPI分析」「ファネル分析」「リテンション分析」の4つの分析機能でアプリの課題を発見できます。さらに、動画による分析機能でユーザーがどのような行動をとって離脱したのかを確認、具体的な改善方針を立てることが可能です。

定着率・課金率の改善

継続利用ユーザーを確認できる「リテンション分析」の結果をもとに、適切なタイミングで適切なユーザーに最適なプッシュ通知を配信し、定着率を改善できます。
また、ユーザーのアプリ内での行動フローを確認できる「ファネル分析」の結果をもとに、適切なタイミングで適切なユーザーにアプリ内でメッセージを配信し、課金率を改善できます。

このような課題をお持ちの方は、ぜひご利用ください

  • アプリ改善活動のPDCAをどのように回せば良いか分からない
  • 広告のクリック単価上昇で、目標CPIを達成できない
  • 広告の効率よいターゲティング方法が分からない
  • ユーザーを獲得しても定着しない
  • 課金するユーザーが増えない

Monacaでのはじめ方

Reproアカウントの取得

Repro公式サイト 右上の「ログイン」をクリックして、新規アカウントの作成を行ってください。

Reproとの連携

Monacaとの連携は、たったの3ステップで可能です!

STEP1. Monaca IDEの 設定 > 外部サービス連携… をクリックします。

STEP2. Reproの 詳細 をクリックします。

STEP3. セットアップ をクリックします。

以上でReproのプラグインが導入されます。

さっそく録画機能を利用してみる

index.htmlonDeviceReady で セッション を開始してください。

YOUR_APP_TOKEN には ヘルプ > スタートガイド > SDKを導入する 、もしくは、管理画面の 設定 > アプリ設定 > SDKトークン に記載されているトークンを設定してください。

Reproの動作を確認するにはアプリを実機で動作させる必要があります。Cordovaプラグインとして組み込まれているためストア版のMonacaデバッガーでは動作しません。
Monaca IDEのビルドメニューよりビルドを実行して、アプリを実機にインストールしてください。

アプリをある程度操作した後、「ホームボタン」を押下するなどしてアプリをバックグラウンドに移行します。動画ファイルはアプリがバックグラウンドに移行した時点でサーバーにアップロードされます。

数秒ほど待つと、管理画面の「動画」タブに動画がアップロードされていることが確認できます。


再生すると、ユーザーによる操作の軌跡が確認できます。

MonacaとReproのアプリ解析・マーケティングツールを連携して、アプリのマーケティングを加速!

Reproのアプリ解析・マーケティングを利用する方法について不明点があれば こちら のドキュメントもご確認ください。
また、アプリ分析のためのKPI設計や、イベントの実装について不明点がありましたら、サポートプランもご用意しておりますのでお気軽に お問合せ ください。

アプリのグロースハックに関する情報を毎日お届け!

アプリ解析・マーケティングツールを提供している Repro では、アプリのグロースハックに関する情報やノウハウをお届けするメディア Growth Hack Journal を運営しております。アプリを成長させるヒントを見つけるために、こちらもぜひ活用ください。